ハイバーテックのパートナーとの連携
ハイバーテックは,創立以来,モーション・コントロール技術の先端を走り続けてきました.

近年,ユーザーが実現しなければならない市場からの要請やPC技術の高度化にともない,ハイバーテックが提供するモーション・コントロール技術も,高度化したニーズに対応を進めています.

そうした対応の一環として,新製品の自社開発と並んで,ハイバーテックが提案するものがレイヤーの異なる他社サービスとの連携による高度なソリューションの提供です.

ハイバーテックは,ユーザーに提供するソリューションを充実かつ進化させるために,他社とのコラボレーションにも積極的に取り組んでおります.現在,ハイバーテックがコラボレーションを進めている分野は大きく二つあります.
 
1.ソフトウエア環境の充実
Windows以外の各種RTOS(リアルタイムOS)に対応した制御ボード用ドライバ・ソフトを整備するため,複数のOSメーカーと協力しています.

システムの信頼性を高めたり,制御の高速化を追求するために,装置開発の現場ではさまざまなリアルタイムOSを採用しています.この状況に鑑み,できるだけ多くのOSに対応できるように,ドライバーの開発メーカーなどとも協力を進めています.

【リアルタイムOSと提供メイカー】
「INtime」向けのドライバはマイクロネット
「QNX」向けのドライバはフォークス
「VxWorks」向けのドライバはウィンドリバー


 
2.実機レスの開発環境の提案
仮想メカ・シミュレータによる実機レス環境の開発を進めています.
この特徴は,次のとおりです
仮想メカトロニクスを使った制御ソフトウエアのデバッグ・ツールですので、コンピュータの画面上に表示された機構系を動かすことによって,実際のハードウエアがなくても制御用ソフトウエアの検証ができます.具体的には、CADデータから仮想の機構系を生成する機能を備えていますので、ユーザーが任意の仮想モデルを構築することで,機構系の動きの軌跡だけでなく,各部が動く速度もコンピュータ上で再現できるようになっています.

実機レスの開発環境についての詳細は,下記のアイコンをクリックしてください.

 
 |   |  |   |

Copyright (C) 2006 Hivertec.Inc. All Rights Reserved.